中宮寺跡と法起寺

Chugu-ji Temple Ruins and Hokiji Temple

  • 史跡中宮寺跡

    現在の中宮寺は、法隆寺東伽藍夢殿の東隣にありますが、
    創建時は室町時代後期ごろまで、現在の本堂から約約500m東の場所にありました。
    聖徳太子が母穴穂部間人皇后のために建立した宮殿を改めて寺とした伝えられています。
    跡地は歴史公園として整備され、発掘調査で判明した金堂礎石並びに塔礎石が復元展示されています。
    10月中旬~11月上旬頃にはコスモスが見頃を迎えます。

  • 法輪寺

    法輪寺は推古30年(622)、父聖徳太子の病気平癒を願った山背大兄王によって建立されたと伝えられてます。
    法隆寺、法起寺とともに斑鳩三塔として、美しさを称讃された。
    三重塔は昭和19年の落雷によって焼失し。今現在の三重塔は昭和50年に復元されたものです。
    講堂には、薬師如来坐像(重要文化財)や虚空蔵菩薩像(重要文化財)など飛鳥仏が安置されています。